Do-you-linux!?

CentOS7 Compiz設定

      2016/10/20

今回はCentOS7にてCompizを設定します。

サーバー用途としてよく使われるCentOSですがCompizを入れてもUbuntu+Compizuよりも安定動作します。

GNOMEは使わず軽量なMateデスクトップを使います。




最初にCompizの設定に必要なファイルを5つダウンロードします。
今回はrpmfind.netからファイルを取得しました。
rpmfind.netにない場合はファイル名をGoogle検索すると見つかります。

ダウンロードしたファイルのインストールは次のステップで行います。

・libcompizconfig-0.8.8-8.fc19.x86_64.rpm
・compiz-manager-0.6.0-18.fc19.noarch.rpm
・compizconfig-python-0.8.4-8.fc19.x86_64.rpm
・ccsm-0.8.4-12.fc19.noarch.rpm
・python-sexy-0.1.9-17.fc19.x86_64.rpm

今回はホームフォルダに保存しました。例:/home/user名
compiz-dependencies

epelとnux-desktopをインストールしMateデスクトップをインストールします。
ターミナルから以下を実行します。

sudo yum -y install epel-release && sudo yum install -y http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-1.el7.nux.noarch.rpm && sudo yum -y groups install "MATE Desktop"

再起動します。

sudo init 6

ログイン画面から歯車マークをクリックしMateを選択しログインします。
centos7-logintoMATE

先ほどダウンロードしておいたファイルと必要なパッケージを以下の順番にインストールします。
ターミナル(端末)を開き以下を実行します。

 sudo yum -y install compiz-mate emerald emerald-themes emerald-themes-extra protobuf-lite protobuf-lite-static  libsexy
 sudo rpm -Uvh libcompizconfig-0.8.8-8.fc19.x86_64.rpm compiz-manager-0.6.0-18.fc19.noarch.rpm compizconfig-python-0.8.4-8.fc19.x86_64.rpm python-sexy-0.1.9-17.fc19.x86_64.rpm ccsm-0.8.4-12.fc19.noarch.rpm

設定後ターミナルから以下を実行します。

compiz --replace ccp

赤い枠が表示されればCompizの設定は完了です。
compiz-running

色々な設定が可能です。
ターミナルから以下を実行します。

ccsm

ccsm

赤い枠が表示されない場合は
ccsmからウィンドウの装飾にチェックを入れます。
ccsm-emerald1

ウィンドウの装飾をクリックしコマンド欄に

emerald

と追記します。
ccsm-emerald2

ccsmからデスクトップの回転を有効化しデスクトップを回転してみます。
この時○○○○○○を有効化しますか?と聞かれたら全て有効化します。

compizoncentos7-image

CentOS起動時にcompizを有効化したい場合は
左上のメニュー
システム→設定→ユーザー向け→自動起動するアプリを選択します。
autostartcompiz

名前にcompiz
コマンドに

compiz --replace ccp

を追記します。
compiz-autostart2

実際の動画は以下から

それではDo-you-linux.com読者の皆さんHave a nice day!

以上!




 - フリーソフト紹介