Do-you-linux!?

千回以上USBにLinuxを入れた私が明かす確実なUSBの作り方 – Linux編

      2016/10/20

patriot-usb_mini

USBを作るソフトをインストールせず、どのLinuxを使っても作れるLinux USBの作り方を紹介します。

注意
今回の方法を1つ間違うとHDDの中身全て吹き飛びます。
大事なデータが消えちゃった!どうしてくれん?となっても責任終えませんのでご了承願います。




作業中USB本体が100回に3,4回位の確率で壊れることがあります。中にはPCに刺した瞬間故障というのもあったり。。。
もし壊れちゃ困るUSBの場合はこの方法は避けてください。

壊れても永久保証してくれるものだと最高です。
USB8GBがワンコイン程度で買えるとは3000円近く出した時代がなんとも言えません。

SP シリコンパワー USB2.0 Ultima U05 Series 8GB スライド式永久保証ブラック SP008GBUF2U05V1K
SP シリコンパワー USB2.0 Ultima U05 Series 8GB スライド式永久保証ブラック SP008GBUF2U05V1K

ここまで よしゃ大丈夫!集中してやろ!と思われる方だけステップ1から開始してください。
ステップ1
USBの中身が全消去されるので大事なデーは予めバックアップしてください。

ステップ2
ISOを用意します。今回はリリースされたばかりのUbuntu15.10を理研からダウンロードして/home/user名/フォルダーに保存します。amd64とi386どっちがいいの?って時はメモリ容量で判断しましょう。4GB以下の場合はi386をダウンロード,4GB以上の場合はamd64をダウンロードしましょう。
dl-1510
ubuntu1510
ステップ3
PCにUSBを入れます。
ステップ4
キーボードのCtrlキーとAltキーを押しながらTキーを押してターミナルを開きます。
ステップ5
コマンドを入力します。

sudo fdisk -l | tail

fdisk-l
パスワード入力を求めれられるので入力します。
pass-prompted
※入力中、パスワードはプライバシー保護のため表示されません。
入力後キーボードのエンターキーを押します。
すると以下の様に表示されます。

Disk /dev/sdc: 14.9 GiB, 16013852672 bytes, 31277056 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x0001c9d8

Device     Boot Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/sdc1        2048 31277055 31275008 14.9G  c W95 FAT32 (LBA)

ステップ6
※ここ重要

/dev/sd○の○が何か確認してください。
/dev/sdbや/dev/sdcだったりします。
筆者の環境でUSBは/dev/sdcと認識されてます。
皆さんの環境ではどうですか?
dd-usb-linux

ステップ7
こことっても重要
ddコマンドで先ほど/home/userにダウンロードしたisoを焼きます。

sudo dd if=ubuntu-15.10-desktop-amd64.iso of=/dev/sd○ bs=1MB

※/dev/sd○の部分にステップ6で確認したアルファベットを入力します。○中のa,b,c,d1つでも間違うとHDDの中身全て吹き飛びます。しかし人生は続きます。
※ここでbsブロックサイズを指定しないと書き込みがめちゃくちゃ遅いので注意しましょう。
dd-1510
数分でddコマンドが完了します。筆者の環境では78秒でした。
dd-usb-done
以上でLinux USBが完成です!
USBからのLinux起動方法はLinux USBから起動する方法を参考にしてください。
それではDo-you-Linux読者の皆さんも良い週末を!




 - Linuxの取り説 , ,