Linuxを起動する(USB編)【LinuxOSの取り扱い説明】

      2015/11/04

前回はLinuxを起動する(CD編)を紹介しましたが今回はUSBメモリからLinuxを起動する方法を紹介します。


※最初に注意点!※

USBをフォーマットしないで下さい!

Windowsを起動してUSBをフォーマットした場合、USB内のLinuxOSが消されてしまいます。注意しましょう!

 他のUSBデバイスとの干渉を防ぐためLinux USB以外のUSBデバイス(USB HDDなど)をPC本体から外しましょう。

USBのメリット

USBを使った起動のメリットはCD/DVDに比べ早いです。もちろんUSBからのLinuxインストールもCD/DVDよりも早く終えることができます。実際どれくらい違うのか比較動画はこちらから

以下USBからLinuxを起動する方法です。

最初にBIOSの設定にてUSBの起動順位を一番にする必要があります。

設定方法は各パソコンメーカーによって若干異なりますが一般的に以下の方法でできます。

 

:パソコンの電源をいれる。

 

:メーカーのロゴが表示されている間にキーボードのF2キーを押す

 

:BIOSの設定画面に入る

 

:起動またはBoot sequenceという項目にてUSB HDDまたはUSBメモリの名前:例Silicon power 8GB等を最上位に持っていく。

 

:設定を保存して再起動する。

 

以上でUSBをPCに挿入しておくと電源投入時からlinuxが起動します。
動画でも紹介しております。こちらを参考にどうぞ

 

もしBIOSの起動またはBoot sequence項目にUSB HDD がない場合

お持ちのパソコンがUSBからの起動に対応していない場合があります。

そんな時は救世主Plop boot manager をダウンロードしFD/CD/DVDのいずれかに焼きそこから起動してください。

http://www.plop.at/en/bootmanager/download.html  ←Plop Boot manager ダウンロードリンク

zipファイルをダウンロードした後デスクトップに解凍する

plpbt.isoファイルをCDに焼く

そのCDをパソコンに入れCDから起動する。

4スッテプでPlop boot manager FD/CD/DVDを使いUSB Linuxを起動できます。

:パソコンの電源を切る。

 

:電源を入れてPlop boot manager FD/CD/DVDを入れる。

 

:Plop Boot Managerが起動する。

 

4:USB Linuxがパソコンに挿入してあることを確認後 USB項目でキーボードのエンターを押す。

以上でUSBからLinuxが起動できます。

 

plop-boot-manager





 - Linuxの取り説 , , , , , , , , , ,

0
何か感じたことがあればぜひコメントをどうぞ!x
()
x