Ubuntu18.04 LTSで「日本語入力」する方法-日英キーボード対応

      2018/05/15

Ubuntu18.04 LTSで「日本語入力」する方法-日英キーボード対応




Ubuntu18.04 LTSで「日本語入力」する方法-日英キーボード対応

私はGWとは無縁の生活を送っていますがDo-you-linux.com読者の皆さんは
飽きるほど休めてるでしょうか。

羨ましいです。

そんな羨ましさをバネにUbuntu18.04LTSで使える日本語入力設定を紹介します。

基本的にはUbuntu17.10と同じ設定で同じ内容です。

Ubuntu18.04 LTSがリリースされて一週間が経ちましたが
既に試されたでしょうか。

Ubuntuデスクトップでは「日本語入力と英語入力」を切り替えることが可能です。

・日本語キーボード
 
・英語キーボード

どちらにも対応します。

最初に設定が必要ですが英語キーボード、日本語キーボード問わずキーボード操作で素早く日本語入力・英語入力の切り替えができるので、設定と操作方法を覚えておくと非常に便利です。

用意するもの

特になし。

今まではmozcなどをインストールする必要がありました。

今回のUbuntu18.04 LTSにプリインストールされているので

インストールするものはありません。

設定 - 動画編

音声解説なしで動画を作成しました。
以下の動画が見れない場合はYouTubeでどうぞ



時間
〜1分45秒 音声無し
サイズ
〜1.5MB


設定 - 文書編

日本語キーボードの設定

半角/全角で日本語と英語を切り替える設定

※注意
動画では30秒までが日本語キーボードの設定です。

動画で32秒、再ログイン以降は英語キーボード専用設定になります。

Hankaku/ZenkakuキーをCtrlキーとSpaceキーに変えることで英語キーボードにも対応します。

Ubuntuデスクトップ起動後
左下のメニューアイコンをクリック

Settings(設定)→Region and Languages(地域と言語)項目を選択。

Input Source(入力ソース)
英語を-(マイナスボタン)で消す。

ログアウトする。
再度ログインする。

ここまでで日本語キーボードの半角/全角を使う

設定は完了です。

ブラウザやgeditを開いて確認してみると良いでしょう。

日本語と英語入力を切り替える際は半角/全角キーです。

英語キーボードの設定

半角/全角キーはないので
Ctrキーとスペースキーで日本語と英語を切り替える設定です。

Settings(設定)→Region and Languages(地域と言語)項目を選択。

Input Source(入力ソース)
英語を-(マイナスボタン)で消す。

ログアウトする。
再度ログインする。

〜〜〜↑ここまでは日本語キーボードと同じ設定です↑〜〜〜

デスクトップ画面右上のAをクリック

ツール→プロパティ


一般タブの
キー設定 キー設定の選択 編集をクリック

Ctrl + Spaceは
既に半角空白挿入などのキー設定なので
それらのエントリーを削除します。

削除後
Hankaku/Zenkaku
と設定されている項目を3回クリックして
CtrlとSpaceキーに置き換えます。

単純にCtrlキーを押しながらSpaceキーを押すと置きわかります。

OKと適用 → OK
として設定を閉じる。

※ポイント
キーコンビネーション入力でCtrlしか認識されない時は
Spaceキーを押しながらCtrlキーを押すと良いでしょう。

これで設定は完了です。

ブラウザやgeditを開いて確認してみると良いでしょう。

日本語と英語入力を切り替える際はCtrlキーとスペースキーです。

筆者から

日本語入力もこれで完璧ですね。

あ〜ゴールデンウィーク

それではdo-you-linux.com読者の皆さんも良いゴールデンウィークを!







 - Linuxの取り説 , , ,

0
何か感じたことがあればぜひコメントをどうぞ!x
()
x