ついにCentOS7がリリースされました!

      2015/11/04




Red Hat Linux7互換のCentOS7がリリースされダウンロード可能となってます!ダウンロードリンクは記事の最下部。

7月11日更新:あなたのCentOS起動速度何秒?SystemD起動プロセスを分析するはこちらから

7月11日19時: 主な変更点とKnown issueの和訳を追記

7月10日更新:ダウンロードしたiso使用前の安全確認はこちらからチェックサムの確認

7月9日更新:EPELベータの導入はこちらから(←クリックして同ブログ内記事に移動)

// ]]>

主な変更点

Kernelに3.10.0を使用
Linuxコンテナをサポート
VMware Toolsと3Dグラフィックドライバが標準動作
OpenJDK-7が標準のJDK
6.5から7にそのまま移行可能
ext4,XFS LVM-snapshot
systemd,firewalldそしてGrub2に移行
XFSがデフォルトのファイルシステムに。
KernelスペースにiSCSIとFCoE
PTPv2をサポート
40Gイーサネットカードをサポート
互換性のあるハードウェアでUEFI Secure Bootをサポート

ディスクサイズは以下

DVD.isoは3.9GB インストーラーのみ起動

Gnome-Live.sioは1GB GnomeLive起動(インストールも可能)

KDE-Live.isoは1.2GB KDELive起動(インストールも可能)

Everything.isoは6.6GB インストーラーのみ起動

Gnome-Live, KDE-Live,そしてEverything.isoのスクリーンショットを公開します。

 

Gnome-Live

centos7_mini

 

 

Gnome-live2

centos71_mini

 

 

Gnome-live3

centos72_mini

 

 

KDE-live

centos7-kde_mini

 

 

KDE-live2

centos7-kde2_mini

 

 

CentOS7 everything.isoとDVD.isoはすぐにインストーラーが起動します。Liveで試しにデスクトップを起動したい方はGnome-Live.isoかKDE-Live.isoをダウンロードしましょう。

centos7-installer_mini

 

Known Issues: 原文はこちら

新しいNetworkManagerでEthernetカードインターフェイスがスタートしないと多くの人から批判をうけた。 CentOS-7 FAQ#を参照のこと。

インストーラーは最低406MB必要。 それ以下は途中でエラーによりインストールが失敗する。CentOS7の最低必須メモリは512MB。

CentOS7は暗号化されたUEFIモードが有効化されたVirtualマシンでは正しく動作しない。

もしあなたのスクリーン解像度が800x600より低い場合、インストール中に表示されるイメージの一部は画面から切れる

isoの中のrootフォルダに格納されているEULA(エンドユーザーライセンスアグリーメントファイル)は”このイメージは検証目的で使われるべきである”と表記されているが正しいエンドユーザーライセンスアグリーメントファイルはインストール後に /usr/share/centos-release/EULAから読むことができる。

VMware Workstation/VMware ESXiは2つの仮想SCSIアダプタBusLogicとLsiLogicをインストールすることを許可している。しかしながらCentOS7のデフォルトのKernelはそれらに対応するドライバを搭載していないため、もしあなたがSCSIディスクをCentOS Linuxのデフォルトとしてインストールするとシステムが起動不能になるケースがある。
もしあなたがRed Hat Enterprise LinuxをOSとして選択するならばparavirtualized SCSIアダプタが使われるので動作する。

 

ダウンロードリンクはこちらからSeven.CentOS.org または理研FTP

 

7月11日更新:あなたのCentOS起動速度何秒?SystemD起動プロセスを分析するはこちらから

7月10日更新:ダウンロードしたiso使用前の安全確認はこちらからチェックサムの確認




 - Linux関連ニュース , , , , , , , ,

0
何か感じたことがあればぜひコメントをどうぞ!x
()
x