ubuntu-rootで作業する方法

      2015/11/04




読者からの要望にお答えしてrootで作業する方法。

基本的にはrootで作業するこは非推奨です。システムの安定稼働及びセキュリティーの観点からsudoコマンドを使用することが一般的です。でもやっぱりrootで作業したほうが便利だよね〜!ってユーザー向けに紹介。sudo,rootどちらで作業するときも慎重に進めましょう。自らシステムを破壊した場合やその他損害起きても責任は負いかねるので注意!

rootの前にsudoの使い方の例として例えばファイルマネージャーのNautilusをsudoで起動してみましょう。

sudo nautilus

または

gksu nautilus

パスワード入力を求められるので入力します。
gksu1_mini
簡単ですね。

- - - - -それでもrootで作業したいとき- - - - -

ターミナルを開き以下を実行

sudo -i

入力後キーボードのエンターキーを押します。パスワード入力を求められるので入力後にキーボードのエンターキーを押します。
注意:この時パスワード入力しても画面に表示されません。プライバシー保護のためです。しかし、きちんと入力されているので安心して入力します。入力後エンターキーを押します。
sudo-i
 
ターミナルの表示が$ドルマークから#シャープに切り替わったことに気づきましたか?#はrootを意味します。覚えて起きましょう!
sudo-i2
 
ためしにwhoami 私はだ〜れと聞いてみましょう。
rootと表示されればあなたはrootで作業できます。
user-root_mini
 
もし一般ユーザーで私はだーれと聞くと以下のようになります。user
user-user_mini




 - Linuxの取り説 , , , , ,