各Linuxアップデートコマンド早見表

      2015/12/04

各Linuxアップデートコマンド早見表

各Linux毎にパッケージマネージャーが異なるのでアップデートコマンドも別で若干困ります。
Ubuntu ,Fedora ,CentOS ,Linux Mint ,openSUSE , Arch LinuxそしてRaspbianのアップデートコマンドをまとめました。

2015年12月1日時点で最新の方法ですが将来変わる可能性もあります。




名前

アップデートコマンド

Ubuntu sudo apt-get update && sudo apt-get -y upgrade && sudo apt-get -y dist-upgrade && sudo apt-get -y autoremove && sudo apt-get -y autoclean
Fedora sudo dnf -y ugrade
CentOS sudo yum -y update
Linux Mint sudo apt-get update && sudo apt-get -y upgrade && sudo apt-get -y dist-upgrade && sudo apt-get -y autoremove && sudo apt-get -y autoclean
openSUSE sudo zypper up
Arch Linux sudo pacman -Syu 長期放置後の更新はsudo pacman -Syyuを推奨
Raspbian sudo apt-get update && sudo apt-get -y upgrade && sudo apt-get -y dist-upgrade && sudo apt-get -y autoremove && sudo apt-get -y autoclean

FedoraのdnfはFedora 22から採用,それ以前はsudo yum updateを使用します。
updateとupgradeコマンドの違い
Fedora Man Page(dnf)より

update: Deprecated alias for the Upgrade Command.
updateコマンドは廃止予定でupgradeコマンドのaliasとのこと。

Raspberry Piの需要が高いためraspbianも掲載しました。raspbianはdebianです。

Ubuntu14.04からapt-getの短縮版aptも使えるようになったとのことです。

sudo apt update && sudo apt -y upgrade

とすることでaptを使ってアップデートできます。




 - Linuxの取り説 , ,