テーマをカスタマイズ|Bitnami WordPress Multisite使用録その1

      2015/11/04




Bitnami WordPress Multisiteでテーマをカスタマイズする方法を紹介します。

マルチサイトモードでWordpressを使うと、テーマやプラグインなどの管理をネットワーク管理者画面から設定することになります。

各サイトレベルでのテーマやプラグインの編集が出来なくなります。

なので、Wordpressタグのget_current_blog_id()を使って編集したいと思います。

(筆者は、Amazon AWSにおいたBitnami WordPress Multisiteを使っています。テーマはThe Bootstrapです。)

ネットワーク管理者画面の左のペーンからテーマ→編集と進みます。

編集したいテーマを右上のドロップリストから選びます。

編集するファイルが書き込み不可な場合、OSレベルで権限を設定する必要があります。

どうやら、デフォルト以外でのテーマをインストールした場合、そのテーマの権限を再設定する必要があります。(詳しくはこちら

自分のサーバーにSSHで接続し、コマンドラインを打ち込みます。

テーマのディレクトリーは、/home/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content/themesの中にはいってます。

ls -laをして中を見てみると、いますね。

Directory Permission Example

頭文字のdはDirectory(ディレクトリー)、rはRead(読み込み)、wはWrite(書き込み)、xはExecutable(実行)をあらわしています。

drwxr-xr-xの意味は、Directoryで、ユーザーは読み込み書き込み実行する権限をもっていて、グループは読み込み実行する権限をもっていて、その他(世界)は読み込み実行する権限を持っている。グループで書き込み不可が問題なので、変えます。

chmod 775 -R the-bootstrapと唱えましょう。

Changed Directory Permission

そして、グループを変更します。

chown -R bitnami:daemon the-bootstrap

拒否られたら

sudo !!

これで、パーミッションの設定はお仕舞いです。

このままvimで編集する事も出来ますが、Wordpressの編集画面に戻りましょう。

筆者はSite IDが2のサイドバーのウィジェットの下にツイッターを埋め込みたいので、Sidebar.phpを選び編集します。

Site IDの確認方法は、ネットワーク管理者画面の左ペーンの設定、一番下のDomainsで確認出来ます。

tha_sidebar_bottom(); ?>
</section><!-- #secondary .widget-area -->

の間に

<?php if (get_current_blog_id()==2):?><?php endif;?>をいれます。(数字の2は任意に変えてください)

そうすると、こうなります。

tha_sidebar_bottom(); ?>
<?php if (get_current_blog_id()==2):?>

<?php endif;?>
</section><!-- #secondary .widget-area -->

そして、この間にHTMLやJavascriptを書き込みます。

tha_sidebar_bottom(); ?>
<?php if (get_current_blog_id()==2):?>

ここにHTMLやJavascriptを書き込む

<?php endif;?>
</section><!-- #secondary .widget-area -->

筆者の場合、ツイッターの設定からウィジェットのリンクを作成してペーストしておしまいです!




 - Wordpress関連記事 , , , ,

0
何か感じたことがあればぜひコメントをどうぞ!x
()
x