これでVimも怖くない!これだけで基本操作パーフェクト

      2015/11/04




今回は数あるテキストエディタからあえてvimの基本操作を紹介します。

VIMとはvi improvedの略でviの改善版ということになります。

インストールはターミナルまたはUbuntuソフトウェアセンターから導入します。

ターミナルで行う場合は

sudo apt-get -y install vim

 

vimは2つの基本操作からなります。

文章を書き始めるときや編集するときのインサートモード(挿入モード) iキー

文章の保存やコピーといった命令をだすコマンドモード  ESCキー

これだけ抑えればあとは簡単に操作できます。

ターミナルでvimとタイプしてみると

vim

この画面を閉じたいときは保存ぜずに閉じるのでvim1

testというファイルにテストとして書き込んでみます。 vim testと入力しエンターキーを押します。

vim2

testという名の新規ファイルが開きました。

vim3

このままでは入力できないので挿入モードに入ります。キーボードのiキーを押します。すると図の黄色の☆マーク付近に挿入と表示されたら入力できます。

vim4

ファイル内にはtestと書き込んでみました。

vim5

このまま入力をやめるにはキーボードのESCキーを押します。すると文章の保存やコピーといったコマンドモードに入ります。

vim6

文章を保存して閉じます。:(コロン):wqと続けて入力すると下図の黄色の☆マーク付近に入力したコマンドが表示されます。wはwrite(書き込み),qはquit(終了)の略です。入力後エンターキーを押します。

vim11

文章の保存だけしたいときは:(コロン)とw(書き込み) :wと入力します。

vim7

早速保存した文章を確認します。catコマンドでファイルの中身を見ます。

cat ファイル名

今回はファイル名はtestなので

cat test

vim9

testと表示され文章を確認できました。

vim10

基本操作は以上です。

次回は応用操作を紹介します。




 - Linuxの取り説 , , , ,

0
何か感じたことがあればぜひコメントをどうぞ!x
()
x