CentOS7使用前の安全確認チェックサム検証sha256sum

      2015/12/09

CentOS7使用前の安全確認チェックサム検証sha256sum




CentOS7のISOをダウンロード後使用前にチェックサムを確認しましょう。チェックサムを確認することでダウンロード途中で改ざんされていないかファイルを確認できます。安全に利用するためファイルの確認は必須です。

前回はmd5sumチェックサムの確認を紹介しましたがCentOS7はsha256で確認します。

 

筆者は/tmpフォルダにCentOS-7.0-1406-x86_64-GnomeLiveをダウンロードしました。

sha256sum-compressor

 

ターミナルを開いて/tmpフォルダに入ります。

cd /tmp/CentOS-7.0-1406-x86_64-GnomeLive/

sha256sum2-compressor

lsでフォルダ内を表示してみましょう。

sha256sum3-compressor

 

 

sha256sum.txtがあるのでsha256sumコマンドを用いて確認を開始します。

sha256sum -c sha256sum.txt

sha256sum4-compressor

 

以下の画像(ターミナルの出力上5段目付近)で白色にハイライトされた部分のようにCentOS-7.0-1406-x86_64-GnomeLive.iso: OKと出れば確認は正常に終了したことになります。

sha256sum5-compressor

 

 

sha256sum.txtの中に今回リリースされた全てのCentOS7 isoチェックサムが記述されているためgrepなどを用いなければ画像のように"sha256sum: CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso: そのようなファイルやディレクトリはありません"

と表示されますが同じフォルダ内に全てのisoを置くことで一気にチェックすることも可能です。

 

md5sumチェックサムの確認(←クリックして記事に移動)




 - Linuxの取り説 , , , , , , ,

0
何か感じたことがあればぜひコメントをどうぞ!x
()
x